>  > 性感とは名ばかりのシチュエーションです

性感とは名ばかりのシチュエーションです

ホテルに到着すると10分くらいかけて性感エステのカウンセリングをします。内容は通常のM性感マッサージと変わりありませんが、アドバイスをくれながらシートに記入していくので初心者でも上級者でも楽しむことができます。カウンセリング後はイソジンと消毒液をもらって一人でシャワーを浴びて、上がってからプレイのスタートとなるシステムです。今回は女上司と部下というストーリープレイで仕事のミスを女上司がカバーして、何事もなく平気な顔をしている部下を呼び出してお仕置きするというシチュエーションです。まず、入り口のドアの前で素っ裸で立たされて後手に手錠を嵌められました。耳元で「今回のプロジェクトはお前のせいで台無しだ」とか、「ちんぽもこんなのじゃ、男としても使えない」とか散々言われました。乳首舐め、ビンタ、唾攻め、尻スパンキングなどの攻撃を受けた後は鏡の前に立たされてバックから乳首攻めを執拗に受けました。その後、一旦手錠を外されてベッドへ移動し、相手の女の子の太腿とおっぱいを触るように指示されます。すると、急に尻を突き出すように指示されて鞭10発を自分で声を出して数えながら打ち抜いてもらいました。そのあとはハンドフィニッシュで果てました。

[ 2015-08-19 ]

カテゴリ: メンズエステ体験談